ドレス通販関連情報

HOMEパーティの様々なマナーについて

最終更新日:2017/09/08

パーティの様々なマナーについて

ポーズを決める女性

パーティに参加する際、その場に最適な服装で行くことはもちろんのこと、立ち振る舞いや食べ方、お酒の飲み方もマナーを守る必要があります。
まずは、パーティドレスについてご説明しましょう。パーティの種類は、格式高いものから交流会を目的とした、カジュアルなものまで様々な種類があります。格式高いパーティにカジュアルな格好で行くことは言語道断ですが、カジュアルなパーティに格式あるパーティドレスで参加しても、マナー違反になります。参加するパーティがどのような目的で誰が主催か、どれぐらいの規模かを確認し、パーティのランクを把握しましょう。
また、時間も昼か夜かもしっかりと確認する必要があります。なぜなら、時間によって着用するパーティドレスが異なるからです。
では、パーティのランクや開催時間を把握していることを踏まえてパーティドレスの種類について詳しくご説明していきますね。
最も格式のあるパーティには、正装の昼はアフターヌーンドレス、夜はイブニングドレスを着用しましょう。次に格式あるパーティには、順礼服とよばれる服装で参加します。昼はセミアフターヌーン、夜はカクテルドレスが最適です。略礼服と呼ばれる服装もあり、ここからはカジュアルなパーティドレスでも構いません。昼夜問わずワンピースやスカートスーツ、ワンピースにボレロを着用しましょう。さらにカジュアルなパーティにはビジネスアタイアと呼ばれる服装で問題ありません。昼夜問わず、スーツで行きましょう。最もカジュアルなパーティにはワンピースやブラウスを着てくださいね。
昼、夜といった時間やパーティのランクで着用するパーティドレスは変わります。シチュエーションに合ったパーティドレスを着ていきましょう。
パーティには服装の他にも、気を付ける点があります。例え、初対面の方だったとしても人見知りせず会話を楽しみましょう。立食パーティの際、他の人に料理を盛りつけることはマナー違反です。自分の分のお皿を1皿持って、食べることができる分量だけとって食べてください。食べ物を残すこともパーティのマナーに反しますので、分量には気を付けましょう。名刺交換もパーティのマナーですので、しっかりと持ち歩くようにしておいた方が良いです。お酒が提供されているパーティが多いですが、酔わない程度に飲んでくださいね。
パーティの服装やマナーをしっかりと身につけて、パーティで人との会話や食事、場の雰囲気を楽しんでください。

一覧はこちら

ドレス通販ランキング

TOP