ドレス通販関連情報

HOMEパーティドレスと普通のドレスの違い

最終更新日:2017/09/08

パーティドレスと普通のドレスの違い

微笑む女性

パーティドレスは、結婚式や同窓会、またはその名前の通りパーティで着用されるものです。一般的に連想するドレスとは結婚式の新婦や格式あるピアノの発表会で演奏者が着用するもので、いわゆる【プリンセスドレス】と呼ばれるドレスを指します。
【プリンセスドレス】とは、その名前の通りドラマや海外のプリンセスが式典で着用するようなプリンセスを連想させるドレスのことです。
上半身はぴったりとフィットしており、腰回りから裾にかけてふんわりと広がった形は、ゴージャスさや華やかさ、優雅さや美しさを演出してくれます。
プリンセスドレスはパーティやイベントの【主役】、結婚式の新婦が着るドレスといった印象が強いでしょう。
ドレスといえば、連想するプリンセスドレスと、パーティに参加する際に着用するおアーティドレスには違いがあります。
まず、プリンセスドレスはそのパーティや結婚式、イベントの主役となる方が着用するに相応しいドレス、と考えると良いでしょう。結婚式に、新婦でもない方がプリンセスドレスを着ていけば、結婚式会場の係員の方から、着替えることを促される可能性もありますよ。
結婚式の主役は新婦と新郎なのです。その主役と同じぐらい目立つことや、主役以上に目立つことは場の雰囲気を壊すことになってしまいます。
結婚式ではなくても、主役ではない限りシチュエーションを考えてプリンセスドレスは着用しないようにしましょう。
深く考えずにイベントやパーティにプリンセスドレスで行くと、楽しい場を壊してしまう可能性が大いにありますよ。
主催されるパーティやイベント、結婚式の主役ではない場合はプリンセスドレス以外のパーティドレスを着用しましょう。その際も、主役の方よりも派手な形や色味のパーティドレスは避けてください。自分だけが目立てば良いと考えるよりも、配慮や思いやりを持ってパーティに挑みましょう。結婚式では、新婦のドレスと被る可能性の高い白色を避けることも、必ず守ってくださいね。
パーティドレスを着用するか、一般的に連想する【プリンセスドレス】を着用するかは、自分自身が主役であるかどうかで決まります。あなたの立場を考えて、あなたとシチュエーションに合ったパーティドレスを着用するようにしましょう。
一般的に連想するドレスが 【プリンセスドレス】だからといって、シチュエーションも考えず着用しては、マナー違反になってしまいます。

一覧はこちら

ドレス通販ランキング

TOP